本文へ移動

文字の大きさ 背景色 ふりがなをつける よみあげる

認知症講座を行いました

2018年11月2日

 

大沢住民協議会厚生部会、ケアネットおおさわ両団体からご依頼いただき、地域包括支援センターの外山主任介護支援専門員、及川社会福祉士が認知症に関する講座を行いました。

 

 

s-ninkouza01

s-ninkouza02

s-ninkouza03

s-ninkouza04

 

内容は2部構成で、前半は自分の「認知度のチェック」。後半では「家族が認知症ではないかと思った時、どうすればよいか」と題し、「あれっ?」と思う言動や「本人の気持ちを理解する」こと、「受診に繋げるポイント」など具体的なお話をさせていただきました。大変多くの方にご参加いただき、認知症への関心が高いことがうかがえました。ご参加くださった皆様ありがとうございました。

 

 

 

~アンケートより~

  ○私は現在80を過ぎた一人暮らしです。認知症になるのがとても不安です。

    是非このような講座を増やしてください。

  ○まわりの対応の仕方が大事なことを改めて感じました。

  ○認知症の人の対応例をたくさん教えてもらいたい。

  ○実際の成功例、失敗例をたくさん聞かせてほしい。

  ○私は自分で近頃認知症になったのではと心配しています。とても勉強になりました。

  ○毎年でもシリーズで認知症の講座を開催してほしいと思います。

(広報:外山)