本文へ移動

文字の大きさ 背景色 ふりがなをつける よみあげる

謹賀新年

2018年12月31日

 

謹賀新年

 

あけましておめでとうございます。皆様におかれましては健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

すでにご案内のとおり、当施設はいま、大きな変革を迫られております。昨年を振り返りますと、3月に三鷹市議会において2020年3月末をもってどんぐり山の廃止が正式に議決され、さらに6月には、最終年度となる2019年度のどんぐり山の運営を別の法人に委託する方針が三鷹市から伝えられました。そして12月には高齢者センターおよび居宅介護支援事業所利用者の他事業者への移行がすべて完了し、在宅の要であった2つの事業が廃止となりました。

そのような状況ではありましたが、ご利用者様及びご家族様、地域の皆様、事業者の皆様には、様々な場面でご心配いただくとともに、温かいご支援とご協力をいただいた1年でもありました。あらためて旧年中に賜りましたご厚誼に心から感謝申し上げます。

新年を迎え、どんぐり山の運営も残すところあと3ヵ月となりました。特別養護老人ホームでは、最後の1日まで利用者1人ひとりの尊厳を守り、暮らしの質にこだわります。そして職員一丸となって、力を尽くしてまいります。

4月からは当法人の高齢福祉部門は地域包括支援センターのみとなりますが、引き続き地域のために全力で邁進する覚悟でございます。本年も、皆様のより一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、新年のあいさつといたします。

 

平成31年元旦 

施設長 香川卓見