本文へ移動

文字の大きさ 背景色 ふりがなをつける よみあげる

どんぐり山の紹介

ごあいさつ

どんぐり山は、三鷹市が平成8年に開設した公設の老人福祉施設です。隣地で保育園を運営している社会福祉法人楽山会が指定管理者となって、開設当初から管理運営に当たってきています。

小高い丘の雑木林の中にあるどんぐり山は、豊かな自然環境に恵まれています。雑木林の下には野川が流れ、近くには野川公園・国立天文台・深大寺・神代植物公園があります。春にはさくらがいっせいに花開き、施設は桜に囲まれ、まさに自然と共に健やかに生活を楽しむ環境がここにはあります。

「優しくあれ、温かくあれ、そして共にあれ、人間らしく」この言葉はどんぐり山の理念であり職員の心得でもあります。職員は思いやりや気配りを大切に利用者様と優しく接し、心が通い利用者様に笑顔が浮かんでくるとき、共にあって、そして人間らしく生きていくことが実感できる瞬間です。

ホームでは生活への喜びを失わないためにも、趣味生きがい活動として習字・音楽・茶道・美術等を楽しんでいただいており、心豊かに生活しています。隣地には保育園「椎の実子供の家」があり、窓からはいつでも園庭で遊ぶ子どもたちを見ることができ、かわいらしい元気な声が聴こえてきます。
どんぐり山で行う毎月の交流リトミックでは、デイサービスの利用者様と特養入居者様そして保育園の子ども達が一緒に歌ったり楽器を演奏したりして楽しいひとときを過ごしています。

心のこもった、より質の高いサービスを提供させていただくことで、ご利用者様やご家族様の満足度が向上するよう心がけているところです。
そして、どんぐり山がこれからも地域に親しまれ、地域福祉の拠り所として、地域に貢献する施設であり続けることができるように、職員と共に努力を重ねてまいります。

 
香川卓見施設長
施設長  香川 卓見