本文へ移動

文字の大きさ 背景色 ふりがなをつける よみあげる

三鷹市大沢地域包括支援センターのサービス

2013年11月21日

地域包括支援センターの業務内容

 三鷹市大沢地域包括支援センターでは、介護や健康から、介護保険、高齢者の権利することまで様々取り扱っています。

 

介護や健康のこと

  • 高齢者の皆様が身の回りのことで不自由を感じたときや家族の介護のことで困った時、いつでもご相談ください。専門職員(主任介護支援専門員、社会福祉士、看護師)がチームになって関係機関と連携しながらご相談に対応します。
  • 三鷹市のさまざまな事業(保健福祉、介護予防、生活支援など)のご案内をします。
  • 福祉用具(車椅子、オムツなど)の展示や紹介をしています

介護保険に関すること

  • 介護保険制度のご説明、介護保険の申請や更新手続きなどを行います。
  • 介護保険の認定結果が要支援1・2の方の介護予防プラン(介護サービスを利用するための計画書)を作成するとともに、プランの評価や見直しを行います。
  • ケアマネージャーへの情報提供や困難事例への助言なども行います。

高齢者の権利に関すること

  • 高齢者虐待防止法に基づいて、虐待の早期発見・把握に努めています。
  • 悪質な詐欺商法や消費者金融被害など、権利侵害に関する問題にも取り組んでいます。
  • 頼れる家族がいらっしゃらない場合などに利用できる「成年後見制度」がありますが、制度のご説明や、制度の利用が必要と判断された場合の申し立ての手続きを支援します。

その他の活動

地域包括支援センターではこんな活動もしています。

 

大沢わさび体操

 専門の先生による介護予防のための体操と耳よりな情報提供の場で、2か所で行っています。
・大沢コミュニテイ・センター 毎月第1・3金曜日 10:30~12:00
・大沢地区公会堂       毎月第4土曜日   10:00~11:30
※年末年始等、お休みすることもありますので、初めてご参加される方は事前にお電話でご確認ください。

 

認知症サポーター養成講座

認知症を理解した認知症の方への「応援者」を養成する講座です。要請があれば包括の職員がテキストやビデオを使って講座を開きます。お気軽にご相談ください。